スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エジプト滞在記 ~ウードの超絶技巧~。

昨日の夜は去年滞在したとき行きまくってたSakia El Sawyとゆうコンサートホールへ行きました。


特にライブ見たいとゆうわけでもなく、とりあえずスケジュール表が欲しいなぁって思ってただけやったんですが。



予定通りスケジュールゲット!


今日は誰のライブやろーとなんとな~くチェケラ。



そしたらなんと。



イラク出身のウード奏者、Neseer Shamma(ナセール・シャマ)のコンサートでした。



これは激アツやなってわけで35LE(1LE=15円※2010年9月現在)と物価の安いエジプトにしてはちょっと値が張りましたが見ることにしました。





開場まで結構時間があったんで、適当に時間を潰してから会場内へ。



そしたらなんか見覚えのある人影が。。。










その人影の正体は僕のカヌーンの師匠Saber Abd Elsattar氏でした!




あと2日後ぐらいにコンタクトを取ろうと思ってたのに来て2日目にして再会してしまいましたw




これはもう完全にアッラーに導かれてるやろ!!w



そんな感じでテンション舞い上がって、いろいろ話して(英語7割方理解できてませんがw)YUMEHOのCDも渡しました。



ちなみにNeseer Shammaはカイロのハーンハリーリとゆうお土産屋さんが立ち並ぶ場所の近くでウードハウスとゆう場所を創設した人みたいです。


ここではウードやカヌーンやサズやダルブッカなどのレッスンが行われています。


サーベルはそこのカヌーンの先生で僕も去年レッスン受けてました(今年もお世話になります!)。





本題のコンサートですが、2部構成になっており、1部ではNaseer Shammaの弟子らしき方々によるウードカルテット。


コンサート始まる前のステージ。





後ろにある玉座みたいなんがナセールの椅子です。




最初はウードソロから始まりました。







彼のウードソロには度肝を抜かれました。



繰り出される超絶技巧がヤバすぎる!



ギターの早弾きを超越してるんじゃないかってぐらい。



そんでもってめっちゃ気持ちいい音。



飛びそうでした、持ってかれそうでした。



それがカルテットになるんやからすべて4倍ですw





少し転換挟んで第2部はパーカッション3人従えてのナセールのコンサート。



玉座に座るダンディーな彼はめっちゃ渋い!



奏でられるオリエンタル音楽もまた渋い!



この2時間程のコンサートで完全にウードの音色にKOされました。





何故ならコンサートの7割方寝てたからですwww




ウードの音が気持ち良すぎて眠気には勝てませんでしたw






真ん中のダンディーなおじ様がナセール。


一番右の人は司会者です。



昨日はホンマいい夜でした!





最後にシーシャ吸いに立ち寄ったカフェでぼられるとゆうオチがなければwww
スポンサーサイト
プロフィール

Yumeho Ensemble

Author:Yumeho Ensemble
2010年4月、奈良県は大和高田市を拠点に活動している劇団、夢歩行虚構団の公演で音楽を演奏した音描き屋しんご(a.k.a Shingo Masuda)とMark(a.k.a Masanori Hirachi)が意気投合し、結成。
夢歩行虚構団の略称から名前を拝借し、楽団YUMEHOとして活動していたが、2011年5月、1周年を記念してそれまで別称であったYumeho Ensemble名義で活動するようになる。
即興を軸に独自の音楽を追求している。

Member

Kanun / Shingo Masuda

Piano & Synthesizer / Masanori Hirachi

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。